menu

生産・研究部門 生産技術(和菓子)

いろいろな人の声を
記憶に刻みながら、
製品を作り続けていきたいと思う。

本社 和菓子第二部 和菓子第三課
太田 宜秀
2012年入社
理学研究科 生命理学専攻卒

私の好きなヤマザキの商品 グルメボックス

現場の工程をしっかりと知っているからこそ、
独りよがりにならずに開発に携われるのです。

私は現在、本社の和菓子部門で製品の改良や新製品の開発に取り組んでいます。和菓子の中でも、担当しているのは『中華まん』ですが、包むという技術は大福などのまんじゅう類と共通する部分です。
本社に異動してから感じるのは、現場の工程を経験していることがどれだけ重要かということです。私自身は研修で横浜の工場を経験し、その後、約2年間松戸工場を経験しました。その時も和菓子担当でしたが、和菓子は他の製品に比べて、手作業の部分が多く、人と人との協力関係が不可欠な製品です。現場を知らない製品開発は独りよがりな開発になってしまいます。
現場はきちんと仕事をして、いいものを作ることに努力する。そして、本社はいかに工場にいいものを作ってもらうか、ということに努力する。まだまだ、勉強することは多いのですが、本社と工場のコミュニケーションの重要性を感じ始めたところです。実際に、本社の先輩方皆現場を知っているので、自由に仕事をさせてくれる一方で、現場とのやりとりを大切にしています。それを目の当たりにして、ヤマザキの組織としての強さを改めて感じています。

まずは時間をしっかりと守ることから。
基本に忠実に、いい製品を作りたいです。

工場勤務時の仕事は、団子や中華まん、蒸しパンの仕込でした。『串団子』『中華まん』『北海道チーズ蒸しケーキ』などの生地を作っていました。本社に異動してからは『中華まん』担当として、主力製品の品質向上や新製品を発売するための試作を担当しています。
仕事をする上で、いちばん大切にしているのは、時間を守ること。たとえば、現場ではライン作業になるので、生地などは決まった時間にきちんと仕込むように気を付けていました。そうすると、全体の工程がスムーズに進行します。また、決まった時間を守っていれば、品質の均一化を促進することも可能になります。時間を守り、基本を守ることで、味が変化した場合も、その理由を知ることが出来るのです。
これからは、本社でより良い製品作りに取り組んでいこうと思います。そのためにも、いろいろな人の声を聞くことが大切だと思っています。試作を本社や工場のいろいろな人たちに食べてもらって、少しでも感想が聞ければそれをデータとして残していく。そうすることで、より多くのお客さまに喜んでいただける製品作りにつなげていきたいと考えています。
これからの夢として、せっかく工場と本社の両方を経験したのですから、両方の可能性をもっと探りたいと思っています。自分がアイデアを出した新製品を試作してもらいながら、もっとこんなふうにできないだろうか、という新しい挑戦を互いに切磋琢磨しながら進めていく。そんな努力を重ねていきたいと思っています。

タイムスケジュール
タイムスケジュール
● 07:45 出社
出社したら、メールの確認や、前日の販売高の確認を行い業務に備えます。
● 08:15 朝礼
朝礼で、連絡事項の伝達が行われます。
● 08:45 書類作成など
工場に作ってもらう製品の仕様書や、新製品の規格などを作成していきます。また、業者との打ち合わせなどをします。
● 12:00 昼食
社員食堂で昼食をとることが多いです。栄養のバランスがいいのと価格が安いのが嬉しいです。
● 13:00 試作
現在は新しい味の『中華まん』の試作を行っています。時々、社内の人たちに試食をお願いしています。
● 17:00 見本依頼の作成
試作で仕様が決まったら、工場に見本を作ってもらうための依頼を行います。
● 18:30 退社
この日の仕事をまとめて、しっかりと記録を残してから帰宅します。