menu

営業部門 業態開発

店舗を開拓することで、
ヤマザキ製品を広く届けたい。

古河工場 業態開発課
鹿島 智彦
2014年入社
文化構想学部 文化構想学科卒

私の好きなヤマザキの商品 まるごとソーセージ

確かな製品を作っているからこそ、
自信をもって店舗開発を推進できます。

ヤマザキで働いていて、すごいなと思うことは多々ありますが特に私が思うことは、業界第1位のシェアを誇っているにも関わらず、そこに慢心せず、前年の実績を上回れるように、社員それぞれが高い集中力をもって仕事に取り組んでいる、ということ。そして、私自身が店舗開発を行っているデイリーヤマザキなどの自社業態と呼ばれる店舗を持っているということです。つまり、毎日の食卓を飾るパンなどの製品をつくるところから、お客さまに提供するところまでのすべてを自社で一貫して行なっているという責任ある事業への取り組みに驚きました。
現在、コンビニエンス機能をもつヤマザキの自社業態店はヤマザキショップ、ニューヤマザキデイリーストア、デイリーヤマザキの三つの業態があります。個人オーナーへの提案や企業への提案を自信をもって行えるのは、いい製品をしっかりとご提案できるから。実際、個人オーナーの方の場合、「ヤマザキ」というブランドへの信頼度は高く、その信頼度が商談をスムーズにしてくれていると感じます。
現在、私は病院や企業といった大型施設内に自社業態店をつくるため訪問し、提案を行い、開店までをフォローする、という仕事をしています。売上基準を満たすことが出来て、かつ商談を聞いて下さる候補店を抽出するところからスタートする仕事と、先輩の商談を引き継ぐ仕事を同時進行で担当しています。

営業トークよりも、課題を聞くこと。
そこからゆっくりと信頼関係は始まります。

最初、商談のときには、「あれも話さなきゃ、これも話さなきゃ」ということばかり気になって、結局、なにも伝えられず、なにも聞けなかったということがよくありました。先日、商談がまとまった大学病院への出店も、先輩が道筋をつけてくれていた案件にも関わらず、何度か破談しかけてしまいました。理由は、保証金のことなど大切な話を後回しにしてしまったこと。先輩からは「言いにくい話ほど、先にしておくんだ」と言われ、アドバイスを実践したところ、スムーズに商談が進むようになりました。
それができてから、気持ちにゆとりがでてきて、「まずは相手の話を聞く」ということができるようになりました。オーナーや企業の担当者は、新しい取り組みほど不安を抱えています。そんな時、営業トークを繰り返しても、会話は成立しません。まず、じっくりと話を聞いて、一つ一つ課題を解決する。そんな姿勢をこれからも忘れずに続けていきたいと思います。
店舗の開発は、人と人とのネットワークを作っていく、というようなイメージがあります。私自身はこの仕事を突き詰めて、もっと大きな人間関係を構築したいと思っています。そして、将来は海外事業へもチャレンジし、ヤマザキのグローバル展開にも携わりたいです。

タイムスケジュール
タイムスケジュール
● 08:00 出社
朝礼とミーティングで、一緒に働く同僚たちの業務の進捗を確認すると共に、自分の進捗を報告します。メールをチェックし、オーナーや担当者からの連絡に応えます。また、本社のOFCからの問い合わせなどにも応えていきます。
● 09:00 外回り
出店してくれそうな個人店舗や大型施設などに訪問します。同時に進んでいる案件の商談も進めます。
● 12:00 昼休憩
外回りの時は、好きなお店で自由に昼食です。いつも何にしようか迷います(笑)。
● 13:00 外回り
午前中に引き続き、外回りを続け、同時に社内のスタッフと連携を取りながらオーナーの課題解決をはかります。
● 16:00 資料作り
デスクに戻って、提案書などの資料作りをします。課題をどのように解決するのか、案件ごとに提案書の内容は変わります。
● 18:30 退社
資料など、翌日の外回りに必要な書類などを揃えてから退社します。