menu

管理部門 経理

ヤマザキという会社を
数字で見る。
大きな可能性が見えてくる。

本社 経理部 経理課
武藤 拓哉
2010年入社
商学部 商業・貿易学科卒

私の好きなヤマザキの商品 ランチパック ピーナツ

例えば、会社が何かに挑戦しようとしている、
ということが数字を見ていればわかります。

経理部では、適切適法な会計処理を行い、月次・年次の決算で会社の損益状況や財政状態を示す財務諸表を作成しています。また、個人としては日々、本社で起票される伝票の処理を行い、月次・年次では相当科目の伝票処理や管理を行っています。基本的には様々な部署からまわってくる経理処理が正しいかどうかを判断して、誠実にコツコツと仕事をこなしていくことが重要です。
この仕事の面白さは、数字を見ているだけで会社のことがわかってくるというところです。生産部門や営業部門のように、売上など目に見える形で成果が現れるわけではありません。経理はミスがなくて当たり前、というプレッシャーもあります。正直、地味でコツコツと取り組まなければならない仕事だと感じることも多いです。ただ、数字を見ていると、会社の経営陣はこういった方向で新しい挑戦をしようとしているのかな、ということがわかってきたりすることもあります。もしかしたら、もっと経験を積み、もっと実力を身につけることで、経理という仕事は日に日に面白さを増してくる仕事なのかもしれません。

将来は経営に参画するような、
自分の意見を言えるような力を身につけたい。

私は以前、工場勤務で経理を担当していました。工場の経理は数字を集めて処理をする、という仕事です。本社に移動してからは数字を出すまでの過程を処理するポジションになりました。プロセスまでをきちんと自分でやるようになって、数字を読むという面白さに気付きました。工場にいたとき、上司によく言われたのは、「現場をちゃんと見なさい」ということでした。例えば、ある製造ラインだけ人件費が高い、という場合。数字だけを見て「コストを下げてください」と言っても説得力がありません。ラインを実際に見て、製造スタッフが適切な場所で効率よく仕事ができているのかを確認し、問題を感じたらそこをきちんと指摘する。つまり、現場と一緒になってより効率のいい快適な環境を整える仕事なのです。それが工場の中に経理がある、ということの最大のメリットであり、面白さだと思います。
ヤマザキは現場主義の会社だと思います。その中でも経理はやはり裏方の仕事。でも、個人的には裏方の仕事にやりがいを感じています。経理でも部長クラスのポジションになると、役員など経営陣に意見を求められるような立場になります。自分も将来はそういった情報提供をするような立場になりたいです。そのためにも日々勉強です。会社でも定期的に外部の講師の方を招いて若手対象の勉強会を開催してくれます。また、自分自身でも簿記などの勉強を重ねようと思います。そして、一日も早く、ヤマザキという会社をしっかり数字で見ることができるようになればと考えています。

タイムスケジュール
タイムスケジュール
● 08:00 出社
本社勤務の男性は正装として白いジャケットが支給されます。普段はあまり着ませんが、重要な会議の時や外部の方と会う時などは“白ジャケ”でビシッとキメます。
● 08:15 朝礼
朝礼で、経理本部全体の情報共有や仕事の進捗状況を把握します。その後、メールチェックやスケジュール確認をしながら、一日の仕事の段取りを組み立てていきます。
● 09:00 伝票チェック
起票された伝票を一つ一つチェックしていきます。ミスの許されない大切な仕事です。
● 12:30 昼休憩
昼ご飯を社内食堂で食べながら、同僚たちとコミュニケーションをとり、先輩に仕事の質問をすることもあります。
● 13:30 伝票チェック
午後も同じように地道にコツコツと仕事を進めます。わからないことがあれば、直接起票した社員に連絡をしたり、メールを書くこともあります。
● 17:00 仕事の整理
一日の仕事を整理し、その日のうちに処理することと、翌日やることを明確にします。業務が円滑に進むように、仕事の全体を見るように気を付けています。
● 17:30 退社
本社は土日祝が基本的な休日なので、金曜日は同僚と食事をしてお互いに1週間を労うこともあります。