ヤマザキ

recruit

採用情報研修制度

体系図

ヤマザキでは、入社年次に応じた階層別研修から、各部門ごとの専門性を高めるための部門別研修、さらには個々人が独力でスキルアップを図る個別教育プログラムなど、多角的な研修プログラムを体系化し、人材育成に努めています。

大きな画像で見る

ターニングポイントは3年目

入社時の集合研修から入社3年目フォロー研修までが、ヤマザキの初期育成ステップです。
3年間で職務の中核を担うレベルまで育成フォローし、次のキャリアステップに向かいます。

技術育成に率先チャレンジ

ヤマザキでは生産・研究部門を中心に国内・海外の留学制度が多数用意されています。
こうした留学制度の受講には社内選考を突破しなければなりません。
自ら進んで学び取ろうとする人にのみ、チャンスは巡ってくるのです。

将来のリーダーは貴方です

ヤマザキでは入社する一人ひとりにそれぞれの能力を存分に発揮し、
将来の会社を牽引していってもらいたいという期待を持っています。
各人の成長課程において将来の幹部候補としての教育研修を計画的に実施していきます。

入社後の主な研修

  • 大卒新入社員集合研修

    同期入社全員が一堂に会する研修です。仕事自体の勉強というよりは、社会人としての心構えといった基本を学ぶところからスタートします。同時に同期の絆も深まる内容になっています。

  • 大卒2年目フォロー研修

    箱根にある自社施設にて行う研修です。同期の中にはジョブローテーションで担当が変わる人もいて、それぞれが様々な環境で仕事をしています。色々な同期の話を聞き刺激を受け、さらなるステップアップを目指していきます。

  • 大卒3年目フォロー研修

    フォロー研修としては最後の研修です。もちろんこれまでの仕事についても振り返りを行いますが、今後のステップアップ手順を考え、自分で学び、成長する力を育てます。

技術研修

  • 日本パン技術研究所研修

    パンに関する技術と理論の修得を目指す研修で、期間は100日間ほど。選抜された社員たちが、多くの知識と経験を得て、職場のリーダーとしての自信と自覚も身につける良い機会になっています。

  • フランスパリ店洋菓子研修

    ヤマザキフランスパリ店で1年間の研修を行います。国際感覚を養いながらフランス洋菓子について現地のシェフから直接指導を受けることができます。他にも市場調査や製菓プロ向けの短期講習会にも参加します。

  • VEM技術研修

    社内講師による製造研修を中心としたプログラムで、製パンの基礎技術はもちろんのこと、ヤマザキ独自の技術を習得する研修です。期間は、3~4ヶ月です。