どんな仕事?

生地からパンがつくられ、皆さんのもとへと届くまでの流れを、先輩のお仕事ぶりと職種の紹介を交えながらご紹介します。

パンが届く流れまでの流れ

STEP 01
パンづくり

生産職はこのような仕事です

ヤマザキの生産職では、食パン・菓子パンに代表されるパン以外に、和菓子や洋菓子など様々な製品を作っています。ご紹介するのは、生産職の一員として携わるパンづくりの基本的な流れ「仕込み」「成型」「焼成」「包装」「仕分け」です。『安全』で『おいしい』製品に仕上げるため、共に働く仲間とのチームプレーによって製品を作り上げる喜びは格別です!

01
仕込み

「おいしい」が始まる出発点

「パンのでき具合は、『生地』の良し悪しで決まる!」と言われるほど、パン生地の「仕込み」は重要な工程です。小麦粉や水、パン酵母といった原材料を正確な計量によって混ぜ合わせ、厳重な温度管理のもとでおいしいパンの源が作られています。

センパイから一言

自分の仕込んだ生地がパンというかたちになり、お客様の食卓にのぼると考えると、やりがいを感じます。

02
成型

「食べたい」をかたちに

こちらの工程では、生地をそれぞれの種類のパンにあわせてかたちづくります。細長くしたり、丸めたり、あるときはクリームやあんこを入れて包んだり・・・。

センパイから一言

素早く均一にかたちをつくることは、最初は難しいですが、経験を積んで、みんな一人前になります。

03
焼成

「味」と「香り」が決まる瞬間

かたちづくった生地をオーブンに入れて焼き上げます。パンの種類によって焼き上げの温度はさまざま。絶妙な温度調節を行い、おいしそうな焼き色をつけていきます。

センパイから一言

オーブンからできたてのパンを取り出すときが、いつも楽しみです。香ばしいパンの香りを嗅ぐととてもワクワクします!

04
包装

「山崎製パンらしさ」を表現

ひと目で山崎製パンだとわかるパッケージ。包装も製品の一部です。それぞれのパンにあわせて、一つひとつ、丁寧に包装します。

センパイから一言

包装機の操作方法を覚え、製品ごとに正しい包装材をセット。たくさんの製品がキレイに包装される様子は圧巻ですよ!

05
仕分け
(製品管理)

製品の品質・数量の最終チェック

工場で製造された製品を、受注伝票にもとづいて店舗別に仕分けし、セールスドライバーが配送しやすいようにトラックへと積み込む仕事です。
同時に、包装不良等がないか、品質のチェックも行います。

センパイから一言

せっかく心をこめてパンをつくっても、確実にお店に届けられなくては意味がありません。毎日多くの商品を仕分けますが、一店一店間違えがないように正確・迅速を心掛けています。

工場施設

メンテナンス

工務職はこのような仕事です

工場には食品企業ならではの機械がたくさんあり、日々フレッシュな製品をお届けするため、フル稼働しています。安全で高品質な製品を作るためには日々の機械メンテナンスが重要です。また、新製品の生産に必要な機械の開発や、生産性を高めるための機械改良などもエンジニアリング部門の腕の見せ所となっています。

センパイから一言

直接製品を作るわけではありませんが、製品製造の要である機械を担当し、しっかりと「ものづくり」に携わることができます。自分の技術が役に立っているという実感がもてて、やりがいも十分です!

STEP 02
製品のお届け

セールスドライバー職はこのような仕事です

ヤマザキでは、毎日新鮮なおいしさをお客様にお届けするため、工場から販売店へ直接配送する自社物流システムがあります。セールスドライバーは、その自社物流の主役であり、製品を販売店へ配送する仕事を担当します。

各販売店に”幸せ”をお届け

トラックに積み込まれた製品を販売店様にお届けします。次回の注文を頂いたり、新商品などのお知らせをするのも大切な仕事です。

ここがポイント!

配送前の準備段階を学ぶため、入社後約2年間は、仕分け(製品管理)の仕事を経験します。
ご注文いただいた製品を正確に販売店にお届けるすることの大切さを身に付けます。

センパイから一言

はじめは運転自体が楽しかったのですが、今では注文をいただくことにやりがいを感じています。商品を知らないと説明できないので、常に商品知識の向上に努めています。

STEP 03
お客様へお届け

販売職はこのような仕事です

販売店を巡回し、試食販売や販売指導、栄養バランスを考えたメニュー提案で食育活動などを行っています。

お客様の笑顔にふれるひととき

お客様と直接対話しながら、試食販売や製品の特徴について説明をする販売スタッフ。製品の知識とともにコミュニケーション能力が求められる仕事です。また、栄養バランスのよいメニュー提案や、親子サンドイッチ教室を開き、豊かな食生活をお届けしています。

※2021年6月現在、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、実演販売などを一部自粛しています。

センパイから一言

お客様と直接ふれあい、生の声をお聞きできるのが一番の喜びです。実際、ヤマザキで開発される新商品は、お客様の意見をもとにして作られることも少なくないんですよ。

自社業態店
での
販売

デイリーヤマザキ店舗スタッフ職はこのような仕事です

山崎製パンが運営する自社業態店「デイリーヤマザキ」でレジ接客、商品陳列、売場づくり、店内調理(焼きたてパン・手作り弁当の製造)等を行う仕事です。笑顔で明るい接客と、ニーズを捉えた店舗づくりでお客様に愛されるお店を目指します。

センパイから一言

自分で売り込みたい商品を決めて発注し、お客様が手にとってくださるのが嬉しく、それが仕事のやりがいとなっています。笑顔と『ありがとう。』が溢れる明るいお店を一緒につくりましょう!