食品科学振興支援

ヤマザキは、社会貢献への取り組みの一環として、わが国の食品科学における総合研究の進展のために、公益財団法人飯島藤十郎記念食品科学振興財団を通じて、米麦等主要食糧に関する食品科学、食品の加工技術、食品と健康、安全性等の分野を中心に研究者への助成活動を支援しています。

(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団

 (公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団は、ヤマザキパンの創業者故飯島藤十郎社主が主たる基本財産を出捐し、ヤマザキパンと共同で設立され、昭和59年7月31日農林水産大臣の認可を得て発足した後、平成25年4月1日に公益財団法人へ移行しました。

 当財団は、食生活・食文化の向上、健康の増進及び食品産業の発展に寄与することを目的として、米麦その他の主要食糧等を原料とする食品の生産・加工・流通及び食品科学等に関する研究を推進するため、次のような助成・表彰事業を行っています。

 当財団が、設立時より行ってきた、米麦その他の主要食糧に関する食品科学分野の学術研究助成を中心とした事業活動は着実に進展し、平成29年度までの助成総件数は2,300件を超え、助成金等の総額は41億3600万円に達しています。

  1. 1.学術研究助成
  2. 2.学術研究国際交流援助等
    (1)研究者の海外派遣援助
    (2)国際学術会議等開催援助
    (3)外国人留学生研究助成
  3. 3.飯島藤十郎賞の授賞
    (1)飯島藤十郎食品科学賞
    (2)飯島藤十郎食品技術賞
  4. 4.特定課題研究等助成
  5. 5.学術講演会
研究課題の研究成果を発表する学術講演会

学術研究助成の対象となった研究課題の研究成果を発表する学術講演会を毎年実施しています。

飯島藤十郎賞

 食品科学、特に米麦その他の主要食糧を原料とする食品の素材、加工技術、品質、安全性、栄養、機能等に関する学術上の研究に優れた業績が認められる活躍中の研究者に「飯島藤十郎食品科学賞」を、また同分野における食品の技術開発に優れた業績が認められる活躍中の研究者又は研究グループに「飯島藤十郎食品技術賞」を贈呈(それぞれ賞状、賞牌、研究奨励金)します。

受賞者に贈答する賞牌

受賞者に贈答する賞牌

(公財)飯島藤十郎記念食品科学振興財団ホームページ

http://www.iijima-kinenzaidan.or.jp/