洋菓子部門

ニーズを先取りし、食の楽しさをお届けしています。

洋菓子部門

ヤマザキが洋菓子をつくり始めたのは創業2年後の昭和25年(1950年)。昭和27年にはクリスマスケーキの製造を開始し、洋菓子部門も積極的な事業展開をすすめてまいりました。世界各地で視察を重ね、最新の技術を学び、最先端の設備を導入し、常に技術革新を図っています。現在、洋菓子部門はまるごとバナナや苺ショートケーキなどの生ケーキ類をはじめ、スイスロール、シュークリーム、スナックケーキ、ヘビーケーキなど、高品質の製品を最新鋭の量産ラインで製造し、自社のチルド物流によってフレッシュなおいしさのままお届けしています。

市場ニーズを的確に捉えるために、ヤマザキオリジナルを生み出すために、ヤマザキの発想はいつもフレキシブルです。スーパーマーケットやコンビニエンスストアで、いつでも手軽にお買い求めいただけるパック入りのケーキやハンディータイプのケーキなど新しい洋菓子のスタイルも提案しています。ニーズを敏感に読みとる先取性とオリジナルな発想力、そしてそれを支える技術力。ヤマザキの洋菓子部門はいつも果敢に挑戦し、食の楽しさを提供していきたいと考えています。

  • 一つひとつ丁寧に仕上げるケーキライン

    一つひとつ丁寧に仕上げるケーキライン

  • スイスロール オーブン

    スイスロール オーブン

  • パック入りなど新タイプの生ケーキ類

    パック入りなど新タイプの生ケーキ類

  • 手軽なおいしさのスイスロール、スナックケーキ、ヘビーケーキ類

    手軽なおいしさのスイスロール、スナックケーキ、ヘビーケーキ類