オンリーワンビジネスモデル

ヤマザキでは、創業時より「自分で作って、自分で運び、自分で売る」というビジネスモデルを一貫しています。
製品を作っているだけではなく、生産した製品を運ぶ「物流部門」そして自分でも販売する「販売部門」も設けています。

  1. 生産
    生産

    品質の追求・技術革新

  2. 物流
    物流

    フレッシュサービスの実践

  3. 販売
    販売

    市場の動向を掴む

事業内容が幅広いため、活躍のフィールドが多岐に渡ります!

生産

生産

パンという私たちのエネルギー源となる主食から、日本文化の和菓子、自分へのご褒美のシーンで人々を笑顔にする洋菓子といった嗜好品まで、幅広く生産しています。
お客様に最高の品質を提供するために、技術を磨き、創業以来のチャレンジ精神で、常に新しい技術で新しいおいしさを作り続けています。

物流

物流

自社で物流を担うことにより、社員が責任をもってフレッシュな状態でお客様へ製品をお届けすることが出来ます。お客様と直接かかわることが多いため、市場動向やマーケティングにも活かすことができ、大きな強みとなっています。また、全国に流通網を張り巡らせており、災害発生時など緊急食糧支援が必要な状況下においても、その機動力を発揮することが出来ます。

大規模災害時の緊急食糧支援(コーポレートサイト)

販売

販売

全国に約1,400店舗の自社業態店「デイリーヤマザキ」があります。自らの販売店を運営することで、ライバルでもある小売・流通業界の他社動向を掴むことができるため、グループの製品施策や営業戦略に役立ちます。またこうしたノウハウを活かし、様々な市場に参入することも出来ます。(病院内売店・大学内売店など)

Yamazaki'sRECRUIT ヤマザキの「採用」